静岡で緑内障の治療を受けています

40歳を超えたら目の定期検査を受けた方が良い

レーザーを利用して房水が排出される部分に照射し房水流出を促進することが可能です。
レーザー療法の他には線維柱帯の一部を除去し房水の逃げ道を作る線維柱帯切除術もあります。
まだ手術しなければいけない段階ではありませんが、この病気は一度発症すると一生付き合うことになる病気なので、信頼できる医師にかかりながら根気よく治療を継続することになります。
医師が言っていましたが、40歳を超えたら年に1回人間ドックや健康診断を受け、目の定期検査を受けた方が良いとアドバイスされました。

自覚症状が出る前に見つけることが重要で、早期発見することで早めに対処することができるそうです。
自己判断は注意が必要で、目が疲れたからといって目薬を利用すると、中には眼圧を上昇させるものもあるそうです。
緑内障の治療を受けているなら、医師と相談してから市販の目薬を利用した方がよいとアドバイスされました。
しばらく静岡のクリニックに通院することになるようですが、根気よく続けていくつもりです。

目の視野が狭くなってきて静岡の眼科で緑内障と診断眼圧の上昇が原因の病気だが高くなくても発症する傾向40歳を超えたら目の定期検査を受けた方が良い