静岡で緑内障の治療を受けています

眼圧の上昇が原因の病気だが高くなくても発症する傾向

緑内障 治療 静岡 | 緑内障 – 静岡駅

目の視野が狭くなってきて静岡の眼科で緑内障と診断眼圧の上昇が原因の病気だが高くなくても発症する傾向40歳を超えたら目の定期検査を受けた方が良い

続発の場合、網膜剥離や目の炎症、ステロイドホルモン剤といった薬剤で眼圧上昇になる人もいます。
最近の傾向として眼圧が高くないのに発症する人が多いそうで、もともと視神経の眼圧の抵抗力が低く病気になるケースもあるそうです。
医師からは一度障害を受けると視神経は元に戻らないので、完治させるのは難しいと言われました。
そのためこれ以上視野が狭くならないよう、眼圧を下げる施術を行うことになるそうです。
クリニックを受診するといろいろな検査を受けました。
眼圧検査や眼底検査、視野検査などを受けたり、定期的な検診が必要になるそうです。
まず眼圧検査は直接目の表面に器具をあて測定したり、目の表面に空気をあて測定していきます。

答え 縮瞳
まず緑内障は眼房水排出路であるシュレム管への流路が閉塞されることで起きます。
閉塞部は角膜と虹彩の間であり、虹彩を引き伸ばす(=縮瞳する)ことで、閉塞部が開き、眼房水排出が改善されます。

治療薬はカルバコールなど、ムスカリン性Achアゴニスト(副交感神経刺激薬)を用います。

— 青龍 (@ghostintherain0) 2019年5月22日
眼底検査は視神経の状態をチェックすることができ、視神経乳頭部などを観察することが可能です。
もし視神経などが障害を受けている場合、へこみの形が変形していたり大きくなっているそうです。
視野検査は見えない範囲や大きさなどから進行の具合を判定してくれます。
検査しましたが初期段階だったらしく、まずは点眼薬による治療を受けることになりました。
眼圧を下げる目薬を点眼し、眼圧を下げることによって病気の進行を抑制することができるそうです。
もし点眼薬を使っても視野の欠損が進行するなら、外科的治療を受けることになると言われました。