静岡で緑内障の治療を受けています

目の視野が狭くなってきて静岡の眼科で緑内障と診断

60歳を過ぎた頃から目の何か違和感を感じていました。
最初は視野がぼやけていたので疲れているのかと思い、目薬などを利用していました。
すると少しずつですが見える範囲が狭くなっていきたよう感じました。
最初の頃はそれほど気になりませんでしたが、ゆっくり進行していくような感じです。
片方の目の視野が狭くなっていくような気がしたので、一度静岡の眼科を受診することにしました。
医師と相談すると緑内障と言われました。
この病気は進行するまで自覚症状がほとんどなく、特に中高年の人に起こる病気だそうです。
視神経の障害が原因で、目の硬さである眼圧が耐えられる眼圧よりも上昇することから引き起こされる病気だそうです。
眼圧が上昇する主な原因として、原発や発達、続発などに分けられ原発や続発は更に開放隅角や閉塞隅角に分けられます。
いくつか種類があり、例えば原発開放隅角の場合は房水の出口にある線維柱帯が目詰まりして眼圧が上昇するそうで、ゆっくり病気が進行する慢性の病気です。
正常眼圧の場合、眼圧が正常範囲なのに緑内障になる人がいて、これを正常眼圧と呼んでいて開放隅角に分類することが可能です。
約7割の人が正常眼圧で、欧米に比べると日本人に多く、この病気にかかっていることが分かりました。
原発閉塞隅角の場合、隅角が狭くなり塞がり房水の流れが塞がれ眼圧が上昇し、慢性型と急性型があるそうです。

目の視野が狭くなってきて静岡の眼科で緑内障と診断眼圧の上昇が原因の病気だが高くなくても発症する傾向40歳を超えたら目の定期検査を受けた方が良い